賃貸物件を探すなら、とにかく利便性を重視しましょう

賃貸物件を探すなら、とにかく利便性を重視しましょう

生まれて初めての賃貸アパート暮らし

生まれてからずっと実家で過ごしてきた私は結婚して初めて賃貸アパートというところで生活をしました。私鉄沿線にあるちょっと田舎の町で都会のど真ん中よりこれくらいの田舎の方が個人的には好きです。アパートは築20年の木造アパートで1棟に4世帯が住んでいた。間取りはキッチン、8畳と6畳の和室、バストイレの2LDKで、1階に住んでいました。ここの一番のお気に入りは日当たりの良い8畳間で、南側と西側に窓があり、夏はちょっと暑いけど、そのほかの季節は日当たりが良くって最高です。前に家があるけど、隣との建物との距離が結構あるので日当たりも風通しも良くて、天気の良い日にはそのスペースに布団も干せるし、ガーデニングでお花を植えることもできる。日当たりという要素は重要で、日が当たらないとまず、家の中に湿気がこもりカビが生えたりして大変。事実知人の話ですが、一階に住んでいたころ、日当たりが悪くしまっておいた布団や洋服が全部カビだらけになってしまい泣く泣く処分したという話を聞きました。

このアパートは20年の木造ということで一度怖い目に遭いました。台風の日に突風が吹いて建物が壊れるかというほど揺れました。ここ最近異常気象が続いているのでもし今度アパートを借りるなら、鉄骨の頑丈な建物を探そうと思いました。不満な点を挙げれば家賃で、何年住んでも同じ家賃を払い続ける事です。10年以上住みましたが、こんなに古いアパートなのにずっと同じ金額を払っていることにちょっと疑問を感じました。同じ金額でもっとグレードの良いアパートはたくさんあるのに・・そろそろ引っ越すかと思い新たな物件を探し始めました。

Copyright (C)2017賃貸物件を探すなら、とにかく利便性を重視しましょう.All rights reserved.