賃貸物件を探すなら、とにかく利便性を重視しましょう

賃貸物件を探すなら、とにかく利便性を重視しましょう

賃貸に住むということは己の人生に深みを生むことだ。

一昔前までは「自己所有の家(自分の城)を持ってこそ一人前」という風潮が日本のスタンダードだったと思います。しかし今や個々の価値観は千差万別で、一生賃貸生活だって気楽でいいじゃないの、むしろ新しくてより快適な住まいをいつでも手に入れられる賃貸の方が素敵じゃないの!という世間の論調も聞こえます。さてさてどちらのスタイルを選ぶのかはそれこそ個々の自由だとは思うのですが、私なりに思うことを申し上げたいのです。それは「賃貸に住まうことは己の人生により一層の深みを与えてくれる」のではないかということです。

何だか大げさな言い回しですが、実際そう思うんです。素敵な賃貸物件を求めて引越を繰り返せば、それだけ新旧の人間関係の再構築も必要になってくるでしょうし、事務的な雑務もたくさん発生します。そしていざ新居に移ったとしても持ち家のような粗雑な扱いも出来ない。気軽に柱に釘一本打ち付けることもためらうでしょうし、小さなお子さんがいらっしゃる家庭などはとんでもない場所への無邪気な落書きに真っ青になったりもするでしょう。ね?持ち家よりははるかに気苦労が多そうです。と言うことは人間的にもかなり成長すると思うんです。賃貸に住めば自然と我慢と配慮が身に付き、知らず知らずのうちに己の人生に深みが出るとか思いませんか?人間的に成長するのは断然賃貸派の方だと思うんですよね。

Copyright (C)2017賃貸物件を探すなら、とにかく利便性を重視しましょう.All rights reserved.